side田島 (vol.6)



「帰らないの?」

 いつの間にかそばに来ていた相川は、ジャージから着替えてすっかり帰り支度を整えていた。

「待ってたんだよ、お前のこと」
「着替えないの?」

 見上げた相川の顔は、いつもと変わりないように見えた。頬にも 目にも、泣いた形跡がないことを確かめる。

「お前、また振られたろう」
「なんでしってんの。見てた?」
「見てねーよ。それくらいバレバレなんだよ」
「なにそれー」

 俺達はもうだいぶ長い付き合いで、だから大抵のことは、普通よりもちょっと少ない言葉で足りる。
 だけど、それだけでは伝わらないことは確かにあって
 しかも、伝えられないでいるうちに余りにも大きくなってしまって。
 今更、途方に暮れる。
 どんなに言葉を選んでも、尽くしても、もう、ありのまま正しくは伝えられないんじゃないか?
 そう思うたびに、怖くて何も言えなかった。ずっと。


 無言で右腕をさしだすと、相川も何も言わずに手をとって引きあげてくれる。
 反動をつけて立ち上がる。その瞬間、このまま手を離さずに、引き寄せて抱きしめてキスなんかしたらどうなるんだろう、と、思った。
 それは魅力的な想像だったけれど、覗き込んだ目が無邪気に不思議そうに笑ったので、堪え難くなってやめておいた。

     やっぱ下世話だよ狩野くん

 がーっと押して押して落とすなんて、いきなりそんなの俺には無理だ。
 たとえ相川が、安心しきってるだけだとしても。
 この状態ですら精一杯なのに。

     他に彼女作るなんてもっと無理なんだけどさぁー……

 掴んでいた右手をそっと離す。

「お前の手って、意外と華奢なんだな」
「はぁ?何急に」
「いや別に。かわいいなぁと思ってさ」
「だ、大丈夫か?」
「何が?」
「なんか変だよ」
「変じゃないよ」

 いつだって俺は、そう思ってたよ。ただずっと、言わなかっただけなんだ。
 面と向かうのが恐くて。ずっと隣り合わせに並んでいたくて。
 確かめたくなかったんだ。
 相川の本心も。
 相川の瞳に映る自分の本心も。

「お前。今日はチャリ?」
「今日は歩き」
「じゃぁ送ってやるから。駐輪場で待ってな。俺、着替えてくるから」

 相川が頷いて、踵を返して歩いていく。
 後姿は見慣れたもので、いつの間にか追い越していた身長差を、何となく複雑な気分で見送っていた。
 いつだったかようやく背丈が並んだ時、俺はまだ相川のことなんて意識していなかったけれど。視線の位置が変わるに従って、色んなものがよく見えるようになって。
 いつの間にか自分よりも小さくなっていた相川が、ひどく欠けがえがないと気付いてしまって。

 その感情は、甘く優しく。
 禁断の果実のように、気付いてしまえば最後、なかったことにはもう出来ない。
 ただ、親しげに無邪気に寄せられる信頼も手放したくなくて。
 ずっとただじっと、そのまま動けずにいたんだ。


    でも俺はさー、相川
    お前が思うほど、人畜無害じゃないかもしれんよ?


 ただ、それを知られたらもう、側にはいられないような気がして恐かったんだ。
 偽善者でも何でもよかった。ずっと近くにいられるなら何だってなる。と、思っていたのに。
 まさか、耐えられなくなるなんて馬鹿みたいだな。

 人間はよくばりだ。
 その望みに果てはなく、ずっと。
 いつの間にか、全てを手に入れたくなってしまう。
 そばにいられればそれでいい、と。
 その願いに嘘なんてなかったのに。もう。


 相川が、誰かに泣かされるのなんて見たくはないけど。同じくらい。
 誰かの隣で幸せそうな姿も、見たくないんだ。



BACK← →NEXT






side by side INDEX   

  サイトTOP   
  


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー